食物アレルギーによる嘔吐~きのこ

この記事では、先日起きた3度目の食物アレルギーについて書きます。

※2度目までの食物アレルギーについては下記の記事をご覧ください。

食物アレルギー発症(生後9ヶ月) うちの子が初めて食物アレルギーの症状を起こしたのは生後9ヶ月の頃でした。 その日の昼、初めてヨーグ...
この記事では、先日起きた2度目の食物アレルギーについて書きます。 うちの子は食物アレルギーがあるため牛乳・卵は完全除去で食べ物には気を...

1度目は乳製品・ヨーグルト、2度目はニンニク、ショウガで食物アレルギーでアナフィラキシー反応を示しました。そのため、それ以降は牛乳・卵は完全除去、ニンニクとショウガも除去の生活を続けていました。その他のアレルギー品目(大豆や小麦など)に関してもアレルギー検査結果では陽性で、食べ過ぎないように気をつけていましたが、休日またしても3度目となるアレルギーを起こしてしまいました。今回の原因はおそらくきのこ(しめじ)です。

その時の様子です。朝食に出したしめじ汁をお椀半分ほど口にした直後、1度ですべて嘔吐。まもなく顔色・唇の色が青白くなりました。顔色以外は体、四肢の表面に発疹などはなし。前回の救急搬送時ほどの呼吸の乱れや顔色の悪さ程ではないが、意識がもうろうとしている様子でアレルギー症状であることは間違いないと思われました。救急車を呼びかけた頃、顔色・唇の血色が戻り、幸い大事には至りませんでした。随分長く感じられましたが、その間、10分程度の出来事でした。

顔色が白色から戻った後も30分ほどは気持ち悪そうにしていましたが、1時間後くらいにはおもちゃで遊ぶ元気がでていました。その後は元気そうにしていましたが、その日の外出は控え自宅で過ごし、消化のよいものを食べさせました。

今回もアレルギーにより急激に症状(激しい嘔吐、顔色の悪化、意識もうろう)が現れました。今回は救急車を呼ぶには至りませんでしたが、アレルギーによるアナフィラキシー症状は急激に容態が変わるため非常に危険です。今回は妻と私も居合わせましたが、妻が一人の時に起こっていたならとても動揺したと思います。妻には今後、もし同じようなことがあった場合は、迷わず直ぐに救急車を呼ぶように言いました。

しかし、救急車を呼んでも自宅に到着するまでに10分や20分はかかると思うので、応急手当で心肺蘇生法の必要性を感じました。そこで、自治体が行っている応急手当講習を受けることをその日の内に決め、受講予約しました。

掛かりつけの小児科医には今回の件はまだ伝えていないので、次回の通院時に報告し、今後の生活の注意点など相談したいと思います。

追記) その後、医師にこのことを伝えました。きのこアレルギーは確かに存在しているが、稀で少ないとのこと。きのこはアレルギー検査項目にないため、今回のことがアレルギーによるものかは断定できないとのことでした。症状が落ち着くまでの時間が短かった点もあり、嘔吐の原因はアレルギー以外の可能性も考えられるとのことでした。負荷試験を実施すればしめじアレルギーの有無が分かりますが、そこまでの検査はしないこととしました。当面、きのこは控えることで対応していく予定です。


人気ブログランキング

スポンサーリンク
パソコン用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
パソコン用広告